結婚を考えている人なら、運命の人が現れるのを待っていることと思います。ところで、運命の人ってどんな人だか具体的に考えたことありますか。漠然と「自分にとってのいい人」を想像しているという人もいるのではないでしょうか。具体的に考えていないと、出会えたとしても、気づかずにスルーしてしまう恐れも。そこで運命の人の見極め方から、運命と勘違いしやすい恋愛までをご紹介。運命の人と出会い、幸せな結婚をするヒントをお伝えします。

結婚を考えている人なら、運命の人が現れるのを待っていることと思います。ところで、運命の人ってどんな人だか具体的に考えたことありますか。漠然と「自分にとってのいい人」を想像しているという人もいるのではないでしょうか。具体的に考えていないと、出会えたとしても、気づかずにスルーしてしまう恐れも。そこで運命の人の見極め方から、運命と勘違いしやすい恋愛までをご紹介。運命の人と出会い、幸せな結婚をするヒントをお伝えします。

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

結婚を考えている人なら、運命の人が現れるのを待っていることと思います。ところで、運命の人ってどんな人だか具体的に考えたことありますか。漠然と「自分にとってのいい人」を想像しているという人もいるのではないでしょうか。具体的に考えていないと、出会えたとしても、気づかずにスルーしてしまう恐れも。そこで運命の人の見極め方から、運命と勘違いしやすい恋愛までをご紹介。運命の人と出会い、幸せな結婚をするヒントをお伝えします。

 

運命の相手はピンという感覚だけではダメ

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

よく運命の相手と出会うと、「ピンとくる!」という表現をする人もいますが、感覚だけで結婚相手を選ぶのはリスキーといえます。なぜなら結婚生活は、感覚(感情)だけでは成り立たないからです。結婚は、結婚「生活」がメインであり、日々の暮らしを相手と成立させられるかどうかという点が重要です。もしも出会ってすぐにピンと来たとしたら、相手のルックスや条件だけが自分の理想と合致しただけ、という可能性も否めません。運命の相手は、会話やデートなどを繰り返し、少しずつ「彼が運命の人かも…」という確信を得ていく流れが一般的です。そこで、運命の相手を見極めるポイントを考えていきたいと思います。

 

運命の相手を見極める2つの大切なこと

1.感情を抜きにして「一緒にいたい」相手か

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

結婚生活は、他人と一緒に生活すること。つまり恋愛感情を抜きにしても、一緒に生活できる人かどうかという点が大切です。また結婚生活が長くなるほど、夫婦関係の新鮮さは薄れていくのが現実です。もしも恋愛だけでつながっているとしたら、恋愛がなくなった時お互いの関係も消滅するリスクもあります。5年、10年、気になる彼と一緒に生活しているイメージが湧けば、運命に近い人といえます。

 

2.金銭感覚がだいたい似ている相手か

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

出会ってピンと来ただけではわからないのが、相手の金銭感覚。実際にデートした時、相手がどんなお金の使い方をするのかというのはチェックしておくほうがよいでしょう。金銭感覚が似ていれば、その分結婚生活で起こりうるストレスの半分はなくなると思ってみてください。それだけ結婚生活はお金がからんできます。「年収の高い人と結婚すれば幸せ」と思っている人もいますが、年収が高くてもお金の使い方が雑だったり、あるいは生活費を妻に渡さなかったりするような人なら、幸せな生活ができる保証もありません。

 

運命の相手は「同じ」と思えるポイントが多い

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

運命の相手を見極めることに共通しているのが、「同じ」と思えるポイントの多さ。たとえば一緒にいたい相手とは、生活スタイルが似ていることが多いでしょう。金銭感覚が似ている人は、収入のレベルもだいたい同じであることも。また、両親がフリーターの家庭と、政治家の家系では、子供の生活スタイルもお金の価値観も、将来像も異なると推定できます。子供どうし出会うことができても、付き合っていく中でお互いの違いに気づく機会も多め。玉の輿婚をする人もいますが、格差が大きすぎると、どちらかが精神的な負担を感じてしまうリスクもあります。家族構成も含め、共通点がどれだけあるかがカギになります。

 

運命の相手は出会う場所を問わない

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

ロマンチストな人ほど、場所へのこだわりもあるようですが、運命の相手とはどこでも出会うチャンスがあるのです。「ここに行くと、運命の相手に出会える」という場所はありません。例えば、ハイクラス向けの婚活イベントに参加して全敗だった人でも、その帰り道のナンパで「出会い」があることだってあります。インターネットでの出会いにも、運命の人がいる可能性もあります。結婚した夫婦だって、「最初は最悪な出会いだった」「ぜんぜんピンと来なかった」という人も珍しくありませんよ。

 

こんな恋愛は運命ではない!その特徴3つ

ここからは、運命と勘違いしやすい恋愛の傾向を3つご紹介します。すでに恋愛中の人は参考にしてみてください。

 

1.対立することが多い恋愛

運命の相手は相手と「同じ」と感じる部分が多いとするなら、「違い」を感じることが多い恋愛なら運命ではないかもしれません。なぜその相手と付き合っているのか考え直してみてください。もうすぐ年だから結婚しなきゃと焦っている?彼がイケメンだから?など自分に問いかけてみましょう。

 

2.自分が背伸びする恋愛

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

何らかの格差が大きいカップルの場合、どちらかが合わせようとガンバってしまいます。付き合いたてなら、感情で乗り切ることができても、10年先までガンバれる人はほとんどいません。背伸びをする恋愛から結婚して、自己成長できるか、それとも追い込むことになるのかをよく考えましょう。

 

3.将来の夢が異なる恋愛

恋愛なら、今がよければOK!でも結婚となると、将来をともにできる相手が運命の人。結婚後は子育てしてそこそこの幸せがあれば満足という人もいますし、子供は作らずバリバリ仕事をしたい人もいます。自分と似ている将来像を持った相手は、運命の相手になりやすいでしょう。

 

さいごに

 

「ピン!」はダメ?運命の相手を見極めるコツと運命と勘違いしやすい恋愛

 

運命の相手は、付き合いながらじっくりと見極めるほうが確実です。相手の条件だけではなく、内面にフォーカスしましょう。運命だと思う恋愛でも、結婚につながらない恋愛もあります。結婚を意識している人は、しっかりと見極めてくださいね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ