結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

 

男女とも、結婚したら相手が変わったと感じる人が多数なのも不思議ですね。恋愛中はとってもラブラブのカップルでも、結婚は恋愛の延長上にはないということなのでしょう。しかし実は、変わったというのは「錯覚」で、もともとは変わっていないとしたらどうでしょうか。ギャップの少ない結婚相手の選び方を考えてみます。

 

結婚後に「相手が変わった」と感じやすいのは見た目

 

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

 

結婚して相手が変わったと思うと、なんだか騙された気になってしまいますよね。結婚前の姿はウソだったの〜と思ってしまう項目に多いのは、見た目。特に結婚後に相手が太ったと思った時点で、結婚前のイケメンorイケ女姿がいっきに吹っ飛びます。イケメンに惚れて結婚したのに、タヌキのようなお腹の夫。かわいいと思って結婚した妻はどこへ行ったのか、というのも残念な話です。しかし見た目はダイエットをすれば元の状態に戻る可能性が高いので、まだ救いようがあるほう。どちらかというと、見た目ではなく、相手の考え方や態度が変わったと思うほうが重要です。

 

実は結婚前もその後も変わってはいない事実

 

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

 

相手が変わったと思う点において、性格が変わったなんて思う人もいます。可愛い彼女が鬼嫁になった、おおざっぱだと思っていた彼が、やたらと細かい夫に変身したというケースも聞きますよね。特に恋人時代とのギャップが大きいほど、結婚後に感じる落胆も大きくなってしまいます。でも、結婚して急に性格が変わるというのは、よほどの理由がない限り考えられませんよね。

 

ではなぜ、多くの人が、相手が変わったと思うのでしょうか。それは、恋人時代に本当の相手と向き合った経験がないからです。恋愛中は、お互いに気を使ったり、遠慮したりして良い関係を築いてきたのでしょう。良い関係を保つのと引き換えに、デートを繰り返しても、ありのままの自分で付き合っていなかったことが考えられます。なぜ相手が素の自分で接していないのかというと、相手に嫌われるのを恐れるから。嫌われて別れてしまうことが、恋愛での大きなリスクです。

 

一方で結婚してしまうと、そう簡単に別れることはできません。つまり、恋愛の時のようなリスクがなくなるので、本来の自分を出しやすくなります。相手が「変わった」のはあくまで勘違い。恋愛中、相手の本性まではわからなかった。しかし、結婚したら本性が出て初めてどんな人かが分かったという状況です。ですので、相手が変わったと思う人は、恋人時代での見極めが甘かったという結果なのです。これから結婚する人は、結婚後のギャップに悩まされないような相手を選びを心がけましょう。

 

結婚後も変わらない相手を見極めるコツ

 

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

 

デートだけだと、男はカッコつけ、女は可愛い子ぶります。一番手っ取り早いのは、一緒に生活してみること。べったり同棲するのが無理なら、週末同棲でもOK。とにかく相手の本性に迫り、相手の本当の姿を感じ、自分がすべてを受け入れられるだろうかという点が重要。また、長所は短所の裏返しであることも覚えておきましょう。たとえば、やさしい人はだれでもやさしくする八方美人。男らしい人は自分勝手。金銭管理ができる人ほどケチ。このような側面も持ち合わせています。すべてをひっくるめて相手を見れば、「変わった」と思うことも少なくなります。

 

「好き」「愛している」だけで解決しないこと

 

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

 

相手と喧嘩になった時、「好き」「愛している」と言われたら、なんだか許しちゃうかもという人は要注意。言葉で許していたら、感情が先立って見極めることができなくなるからです。ちなみに恋愛中は言葉で成り立つかもしれませんが、結婚後は許せないことが蓄積して破局のリスクも高め。結婚後も変わらないでいてほしいからこそ、なあなあの関係で終わらせないことが大切です。また、男が「この言葉を使えば許してもらえるだろう」という習慣がついてしまうのもよくありません。同棲して直してほしいところがある、一緒にいて納得できないところがあるというのが出てきたら、きちんと向き合ってみましょう。

 

バリキャリ女こそしっかりと恋愛に向き合って

 

結婚後は相手が変わる?変わらない相手の見極めなら「〇〇」がおすすめ

 

相手のことを見極める前に、自分のこともきちんと分析しておくとズレが生じにくくなります。特に仕事を頑張っている女性は、恋愛にかける時間が少なく、相手のことどころか、自分が求める恋愛や結婚を理解していないこともあります。またプライドが邪魔をして、男選びのハードルも高くなりがち。収入があるので、失敗だと思ったら離婚すればいいという態度では、理想の相手に巡り合うことができません。

 

さいごに

結婚後に、相手が変わったとしたら主に体型。それ以外はもともと持ち合わせていた性格によるものが大きいでしょう。結婚という環境の変化から、相手の新たな本性が見えた時、それでも一緒にいられるのであれば幸せなこと。ただし、甘い言葉に誘われて、本性と向き合わないのは問題です。”変わらない相手”を選ぶならは、同棲がおすすめです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ