結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

結婚に向いている男性は、どんな人だと思いますか。実は、結婚に向いているかどうかというのは、一緒にいる相手が心地よい存在と思える点が大切なポイント。そのため、自分が一生一緒にいられそうな心地よい相手とはどんな相手なのかを、あらかじめ知っておくことが失敗しない相手選びにつながります。結婚に向いている男選びについてまとめてみました。

 

結婚に向いている男選びは2つのポイントで考える

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

結婚に向いている男選びのポイントからご紹介します。1つは、一般的に向いていそうな男かどうかをチェックすること。2つめは、自分の人生に合う男かどうかを見極めることです。一般的に結婚向きかどうかは、ネットでも周囲の意見でも参考にすることができます。しかし一般論だけで決めてしまうと、実際に結婚した時に「なんだか理想と違う」ということにもなりかねません。というのも、向いている男とそうではない男は、自分の人生と深く関わってくるからです。つまり自分の理想とする人生を考えたうえで、理想の相手を選ぶという順序でなければ、本当に自分にとってのふさわしい相手に巡り合えないといえます。まずは一般的に結婚向きだと判断できる男について、考えていきたいと思います。

 

結婚に向いている男を一般論3つをもとに考える

1.やさしく誠実な男

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

恋愛でも「やさしい人がいい」という声はよく聞かれますね。確かにやさしくて誠実な人なら、結婚に向いていると思えるでしょう。しかしやさしい人は、人の心に寄り添えるものの、いざという時に頼りない感じを与えてしまうことも。男らしい人が好きという人には、やさしいだけの人は物足りないかもしれません。だれに対してやさしいのかも意外と重要です。誰でもやさしい人は、本当にやさしい人。彼女だけにやさしい人は、第三者へのやさしさには無頓着な点もあります。

 

2.仕事にまじめな男

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

仕事の評価が、男性に対する社会的な評価にもつながりやすいため、仕事をきちんとする人かどうかも重要です。仕事にまじめな男の利点は、安定した生活が描けそうな点。ただし、趣味もなく本当に仕事だけの男と一緒になると、仕事がなくなったとたん魅力がダウンする人もいます。ほどほどに仕事をしつつも、趣味も充実させている人のほうが、一緒にいる楽しさを感じやすい特徴も。

 

3.恋愛経験がある男

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

10年以上前なら、交際経験のある20代は多くいましたが、今では20代でも彼女と付き合った経験がない男性も増えてきています。女慣れしすぎるのも問題ですが、まったく恋愛経験がなく話すのもやっとのような人は、これから先も不安。円滑なコミュニケーションができそうなら、結婚しても安心です。

 

結婚に向いている男を一般論だけで選ぶと失敗?

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

一般論をまとめると、過去に1人以上お付き合いしたことがある異性がいて、やさしくて誠実で仕事にまじめな人が結婚向きということがわかりましたが、果たしてそれだけで結婚に進んでも大丈夫かどうかを検討してみましょう。結論から言うと、一般論だけで選ぶと失敗しやすいということ。

 

たとえば先ほど挙げた結婚向きの男の例でいう、「仕事にまじめな人」をチェックしてみます。男性の稼ぎは多いものの、その分残業が多く、ほとんど家にいなかったらどうでしょう。結婚するにあたって、ふたりで休日を一緒に過ごしたい、子供の面倒を見てほしいと思っている女性なら、生活面でのズレを感じやすいといえます。結婚相手を選ぶなら、自分が結婚で何を一番大切にしているのかということを、ハッキリさせるのが先決です。そこで冒頭に述べた、2つめの「自分の人生に合う男かどうかの見極め方」について、考えていきたいと思います。

 

結婚向きな男は自分の理想の「人生」に重ねて選ぶ

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

自分にふさわしい結婚相手は、将来を共にできる相手です。どんな将来を描きたいのか、キャリア志向の女性と、子育てに重点を置きたい女性のパターンで考えてみました。

 

1.キャリア志向の女の男選び

自分の仕事を理解してくれて、家事も卒なくこなしてくれるような夫なら申し分ありません。特に家庭のことで仕事に支障が出るのは、キャリア志向の女性にとって避けたいところ。キャリア志向の場合、相手の年収が自分より上の人を望みがちですが、年収よりも生活力にフォーカスしたほうが、うまくいくケースも考えられます。

 

2.子育てをしたい女の男選び

子どもが1人以上ほしいと望む女性なら、安定した生活がベースになります。つまり、社会的に不安定な職業に就いている男性や、情緒不安定な男性と結婚をすると安心して子育てをすることができません。女性のほうが稼いでいる場合、生活できそうなイメージから結婚に踏み切るものの、子どもが生まれると、理想と違う生活に一変するリスクもあります。

 

さいごに

 

結婚に向いている男選びのコツは、自分を棚卸し?相手選び2つのポイント

 

結婚に向いている男は、まわりが推奨する男だけではなく、自分の人生にとって居心地がよいかどうかを考えることが大切です。しかし完璧な人はいないと考えれば、一般論的にNGそうだけれど、自分の人生には必要だと見極められれば、問題ないということ。一般論だけに流されず、きちんと自分が結婚したい相手を選ぶことが、幸せな結婚につながります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ